フットゴルフマガジン

日本初のフットゴルフウェブマガジン

  • 那須国際カントリークラブ
    那須国際カントリークラブ
  • TBC太陽クラブ
    TBC太陽クラブ
  • セブンハンドレッドクラブ
    セブンハンドレッドクラブ
  • レンブラントゴルフ倶楽部御殿場
    レンブラントゴルフ倶楽部御殿場
  • 美野原カントリークラブ
    美野原カントリークラブ
  • 群馬カントリークラブ
    群馬カントリークラブ
  • キャメルゴルフリゾート
    キャメルゴルフリゾート

araco

キャピタルカップ初日個人戦

投稿日:2016-06-10 更新日:

Bonsoir!!

現在フレンチオープン会場横のホテルに滞在中(現地6/11金曜15時)
更新が遅くなりましたが、THE CAPITAL CUP 初日個人戦の模様をお伝えします。

6/2練習日

詳細はコチラ

6/3初日(5アンダー)

日本人1番目にスタート。
今年は全員1番からスタートし、コースは2015年とほぼ同じ。

1st_fight8

スウェーデン人、イギリス人、スペイン人、イタリア人、日本人

1番と2番は無難なパースタート。

 

1h

1番(119m Par3)

2h

2番(172m Par4)

3-5番はバーディーチャンスホールですが全てパー。でも悪くない。

3h

3番(122m Par4)

4h

4番(99m Par4)

5h

5番(103m Par4)

6番は Spaarnwoude 名物ホールの一つ、左側に池がある277m Par5
2015年はダブルボギー、ボギー、ダブルボギーと個人的には苦手な難敵ホール。

6h

6番(277m Par5)

フェアウェイが左に傾斜し、普通に蹴ると池に吸い込まれるので、キック力のない自分はセオリー通りに池手前へ刻み、2打目3打目はフルショット。
カップは小高い丘にあり、4打目でも乗せられず、5打目でも寄せられず。
距離のあるボギーパットは決まらず、2016年もダブルボギー。

7番(137m Par4)も名物の一つ、池越えホール。
2015年は3日間とも一発での池越えを狙い、全て池ポチャ。
今年は満を持して狙い、水面を跳ねてギリギリ越えました!

8番(221m Par5)も9番(110m Par4)もバーディーチャンスでしたが、パー。
前半を終えて2オーバー。悪くない。

後半はショートホールが多く、リカバーできると思ってリスタート。
やっと芝の感覚にも慣れてきて、10番から14番まで5連続バーディー!
15番(157m Par4)はバンカーの奥にピンがある難しいホール。無理に攻めずに予定通りパー。

16番(101m Par4)は昨年の初参加で、最初に回ったホール。この時もバーディーでしたが、この日もバーディー!
そして17番(59m Par3)もしっかりとピンそばに寄せ、バーディー。
今年スタンドが設けられた最終ホール(127m Par4) は長めのバーディーパットが決まらず、惜しくもパー。

2016年の初日は後半巻き返すことができ、
トータル5アンダー(7バーディー1ダブルボギー)でフィニッシュ。

score_1st

2015年の初日が確か1オーバー。
練習量、国内コースの充実やワールドカップの経験もあり、コースマネージメントも含めて雲泥の差で落ち着いてプレーできた結果ではないかと。

初日は団体戦もあったので、結果は後ほど。

1st_01a

1st_02

 


-araco
-araco, blog, EFT, footgolf, アラコ, キャピタルカップ, フットゴルフ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


アーカイブ