フットゴルフマガジン

日本初のフットゴルフウェブマガジン

  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
    ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018
  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • 富士アクティビティパーク
    富士アクティビティパーク
  • 関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
    関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
    ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
  • 富士アクティビティパーク
    富士アクティビティパーク
  • 関東フットゴルフツアー2018
    関東フットゴルフツアー2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018

チャンピオンシップ詳細・結果

KANTO FOOTGOLF TOUR 2018 CHAMPIONSHIP Supported by ASC HR AGENT

2018シーズン最後の大会「チャンピオンシップ2018」は、群馬県中之条町にある美野原カントリークラブで開催します。賞金総額6万円、優勝者には優勝賞金3万円とシャーレ(優勝皿)が贈られます!

大会詳細

【大会名】
KANTO FOOTGOLF TOUR 2018 CHAMPIONSHIP Supported by ASC HR AGENT

【開催日】
2018年10月28日(日)

【開催会場】
美野原カントリークラブ(ウェブサイト
群馬県吾妻郡中之条町五反田3483−1

【スケジュール】
<受 付>09:30-10:00(駐車場)
<練 習>09:30-10:00(受付後、1番ホール付近)

<開会式>10:00-10:30(1番ホール付近)
<大 会>10:30-14:30(1番より順次スタート)
<表彰式>15:00-16:00(クラブハウスレストラン)
※進行状況により変わる可能性がございます

【出場者数】
20名(小林隼人、新井晋、高橋仁史、冨沢和未、平野靖之コージャ今村、立花友佑、竹山裕輔、朏優輝、照井将孝、大塚有尋、熊倉巧也、栗原祐二、政安克彦、大塚あろ麻、桑田寛之、工藤誠司、山縣祐人、根元央希、齋藤真也、竹田裕紀、八谷紘希)
※ランキング順、敬称略

【参加費(プレー費、大会費、施設利用費、諸税等)】
・招待選手:招待
・選抜選手:3,000円

【注意事項】

  • ジーンズ、Tシャツ、サンダルなどの軽装でのご来場は厳禁です。
    • プレーする服装でご来場いただくことをお奨めします。
  • 以下本大会のドレスコードです。守れない方は大会に参加できない場合がございます。
    • ポロシャツなどの襟付きシャツ
    • パンツ(ショートパンツ推奨、サッカーパンツ可)
    • ソックス(ショートパンツの場合はハイソックス、サッカーソックス可)
  • 駐車場やクラブハウスでボールを蹴ったり、跳ねさせる行為は禁止です。必ず手で抱えてご移動ください。
  • ロッカーや浴室が利用できません。予めご了承ください。

【競技方法】
18ホールズ・ストロークプレー

【大会レギュレーション】

  • ルール
    • 国際フットゴルフ連盟(以下FIFG) ルールに準ずる
      • 足の裏で蹴る、ボールをリフトする、バンカー内で助走した場合は、一打罰を受けてボールを蹴った位置に戻って蹴り直す
    • ローカルルール
      • ダブルパーカット
      • いつでもアンプレアブル宣言が行える
      • アウトオブバウンズ(OB)なし
      • 戦略的アドバイス可
  • 組み合わせ
    • 1-9番のフライトメンバーは年間ランキングにより決定します
    • 9番終了後の順位を基に10-18番のグループを変更します
      • 同順位の場合はカウントバック方式を採用(※カウントバックとは、プレーを終えた最後のホールから遡って1ホール毎にスコアを比較する方式)
  • スコア
    • footgolfweb.jp のペアリングシステムを利用します
    • スマホのブラウザで指定の URL にアクセスし、スコアを各自で入力していただきます
  • ティーポジション
    • 常設
  • プレーオフ
    • 18番終了時点で1、2、3位に複数人いた場合、当日主催が決めたホールでプレーオフを行う

【表 彰】
優 勝:賞金3万円+シャーレ(優勝皿)
第二位:賞金2万円+トロフィー
第三位:賞金1万円+トロフィー

【大会協賛】
ASC HR AGENT 株式会社

https://www.aschragent.com/

【協力】
footgolfweb.jp
https://footgolfweb.jp/

フットゴルフマガジン
https://www.footgolfer.jp/

【公認】
日本フットゴルフ協会
https://www.jfga.jp/


結果

【出場者】
メンズ20名(年間ランキング上位者)

【概要・結果】
関東フットゴルフツアー2018最後の大会「KANTO FOOTGOLF TOUR 2018 Supported by ASC HR AGENT」に相応しい雲ひとつ無い快晴の下、10/28日に美野原カントリークラブ(群馬県中之条町)で開催しました。
年間ランキング上位者20名のみしか出場できない大会とあって、随所にハイレベルなプレーが観られました。

日本のフットゴルフ常設コースとしては総距離が一番長い美野原カントリークラブは、18ホールコースのパー72。前半は年間ランキング1位の小林選手が3バーディーノーボギーで前半首位で折り返し、今シーズンツアー3勝している冨沢選手が一打差で続き、更に一打差で新井選手と八谷選手。

1番ホールフェアウェイ

2番ホール

後半は前半9ホールのスコアを基に組み合わせ変更が行われ、最終組は小林選手(3アンダー)・冨沢選手(2アンダー)・八谷選手(イーブン)・新井選手(イーブン)・大塚あろ麻選手(1オーバー)の5人。

10番ホール

15番ホールフェアウェイ

10番から4連続バーディーで小林選手が一歩抜け出すと思われましたが、冨沢選手の3連続バーディーや八谷選手の猛チャージがあり、17番ホール終了時点で、小林選手6アンダー、八谷選手5アンダー、冨沢選手4アンダー。
最終18番ホール(パー3)のカップは馬の背の位置にあり、ダブルパーカット(パー設定の2倍で打ち切り)になった選手もいる難しいホール。最後の最後にドラマが生まれるのか期待していましたが、12月にモロッコで開催される第3回フットゴルフワールドカップに日本代表として出場する3人は最後まで集中力を切らさず、全員がパーでホールアウト。

チャンピオンシップ2018の優勝は、2018シーズン年間ランキング1位の小林隼人選手でした!おめでとうございます!!2位には八谷選手、3位には冨沢選手が入りました。

優勝小林選手(中央)、2位八谷選手(左)、3位冨沢選手(右)

大会のリーダーボードはfootgolfweb(フットゴルフウェブ)をご覧ください。スタッツから各ホールのアベレージなども見られます。
https://footgolfweb.jp/schedule/186

チャンピオンシップ最終順位

本大会をもって関東フットゴルフツアー2018の全日程が終了いたしました。今シーズンはツアー7大会とチャンピオンシップを開催し、延べ243人の方にご参加いただきました。昨シーズンよりも参加人数が増え、フットゴルフ初めての方にも多数ご参加いただけたことは嬉しく思います。コアなメンバーには非常に助けられた部分が多かったので、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。そして各ツアー大会とチャンピオンシップにご協賛いただきました企業さまにも感謝申し上げます。

関東としてはまだビッグイベントが残っています。それは2016年から開催している「フットゴルフ地域チャンピオンシップ」です。今シーズンから始まった東海リーグも含め、関東と関西の3地域でタイトルを争います。2017シーズンは個人戦(新井選手)、団体戦共に関東が獲っています。今回関東代表は8名で、【年間ランキング上位者、チャンピオンシップ上位者、リーグ推薦者】から選出いたします。発表はもう少々お待ち下さい。なお、大会は11/23-24にフォーティンヒルズカントリークラブ(岐阜県)で開催します。

2019シーズンもツアーとして開催いたします。競技志向の方、フットゴルフ初めての方など、幅広く参加できるように努力して参りますので、来シーズンも引き続き宜しくお願いいたします。日程などはもう暫くお待ち下さい。

投稿日:2018-10-23 更新日:

2月 2019
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2019-01-28 2019-01-29 2019-01-30 2019-01-31 2019-02-01 2019-02-02 2019-02-03
2019-02-04 2019-02-05 2019-02-06 2019-02-07 2019-02-08 2019-02-09 2019-02-10
2019-02-11 2019-02-12 2019-02-13 2019-02-14 2019-02-15 2019-02-16 2019-02-17
2019-02-18 2019-02-19 2019-02-20 2019-02-21 2019-02-22 2019-02-23 2019-02-24
2019-02-25 2019-02-26 2019-02-27 2019-02-28 2019-03-01 2019-03-02 2019-03-03

アーカイブ