フットゴルフマガジン

日本初のフットゴルフウェブマガジン

  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
    ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018
  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • 富士アクティビティパーク
    富士アクティビティパーク
  • 関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
    関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
    ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
  • 富士アクティビティパーク
    富士アクティビティパーク
  • 関東フットゴルフツアー2018
    関東フットゴルフツアー2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018

第29回フットゴルフジャパンオープン

JFGA TOUR 2017 第3戦(WORLD TOUR 2017 【FIFG100】)
日時:2017年5月28日(日)
場所:TBC太陽クラブ
出場者数:35名
優勝:桑田寛之 第二位:小林隼人 第三位タイ:コージャ今村、和志武亮、鈴木秀成

ツアー第2戦と同じ会場 TBC太陽クラブ で第29回フットゴルフジャパンオープンが開催されました。

TBC太陽クラブは日本最長のホール(10番 305ヤード パー5)を持ち、平坦なホールが多いゴルフ場で、名物の池越えホールがあります。
18ホール(9ホールを2周)のストローク方式で順位が争われ、IN(後半10~18番)のティーの位置が OUT(前半1~9番)よりほとんど後ろになります。

HOLE123456789OUT
PAR54334433534
REGULAR28515912282147127101802461349
LADIES18012973161181017464169924
HOLE101112131415161718INTOTAL
PAR5433443353468
REGULAR3051791328215714710110528516702842
LADIES1801297316118101746416914961848

第2戦と同様に全ホールからのショットガンスタート。この日も9時スタートでしたが、汗ばむ暑さの中でスタート。
芝が伸び始め、フェアウェイとラフとの差が激しいのもこのゴルフ場の特徴。また前回と同じコースなので、前回からの修正・改善点やこの日の芝コンディションに合わせられるかがカギとなりました。

全体的に前回よりスコアが良くなっている選手が多い中、前回より5打縮めた桑田寛之選手が二位に1打差を付けて優勝。おめでとうございます!
尚、優勝スコアは前回と同じ3アンダー(6バーディー3ボギー)でした。
二位には前回三位タイの小林隼人選手(2アンダー:3バーディー1ボギー)が入りました。

本大会の順位表
https://fgranks.com/fifg/torneos/japan-the-29th-footgolf-japan-open

ワールドランキング
https://fgranks.com/fifg/worldtour?l=en

本大会の様子はコチラ

フットゴルフツアー第3戦(第30回ジャパンオープン)は6月25日(日)。
舞台はジャパンオープン初開催となるキャメルゴルフリゾート(千葉県御宿町)で行われます。
詳細は日本フットゴルフ協会サイトをご確認ください。
https://www.jfga.jp/tour-schedule2017

投稿日:

2月 2019
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2019-01-28 2019-01-29 2019-01-30 2019-01-31 2019-02-01 2019-02-02 2019-02-03
2019-02-04 2019-02-05 2019-02-06 2019-02-07 2019-02-08 2019-02-09 2019-02-10
2019-02-11 2019-02-12 2019-02-13 2019-02-14 2019-02-15 2019-02-16 2019-02-17
2019-02-18 2019-02-19 2019-02-20 2019-02-21 2019-02-22 2019-02-23 2019-02-24
2019-02-25 2019-02-26 2019-02-27 2019-02-28 2019-03-01 2019-03-02 2019-03-03

アーカイブ