フットゴルフマガジン

日本初のフットゴルフウェブマガジン

  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
    ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018
  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • 富士アクティビティパーク
    富士アクティビティパーク
  • 関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
    関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
  • ワールドカップ2018
    ワールドカップ2018
  • ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
    ジャパンフットゴルフインターナショナルオープン2018
  • 富士アクティビティパーク
    富士アクティビティパーク
  • 関東フットゴルフツアー2018
    関東フットゴルフツアー2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018

Vol.4 こんな時はどうなる?

フットゴルフコースにはゴルフと同じく様々なハザード(障害物)があります。

ハザードの代表的なものが「池(ウォーターハザード)」と「砂場(バンカー)」です。

≪池(ウォーターハザード)≫

まずは池。

b02

 

目の前に池が!!そんなときは池を超えるようなキックをするか、池の周りを細かくショットしていくか・・・。

特に、海外のコースの池は巨大です。助走するところがぬかるんでいて滑る、なんて難コースも存在します。

回転をかけて水切りをしたり、うまく池を超えられるかはコース攻略の肝になります。

さて、うまく池を超えられたらいいのですが、どうしても起こってしまうトラブル、それが「池ポチャ」です。

b03

サッカーボールは水に浮くので、池ポチャしてもタモで取りに行ったり風に吹かれて岸に流れ着くことも多いのでロストボールは滅多におこらないのですが、肝心のスコアカウントはどうなるのか・・・?

池ポチャすると1打罰、が基本です。

例えば1打めで池ポチャしたら、次のショットは3打目としてカウントされます。

再開の方法は会場や大会ルールにより異なります。池ポチャショットを蹴った位置から蹴り直し、特定の位置から再開など。会場・大会のルールを確認しておきましょう。

ちなみに池ポチャの場合、海外のコースではゴムボートでボール救出作戦を行うところがありました。

boat

日本ではそこまで巨大な池はあまりなく、タモで救い上げたり棒でかき出すのが一般的です。

b05

みんなで協力してボールを救出!!しかし、とれない場合は焦らずにクラブハウスへ連絡してください。無理して人間がポチャしないように・・・。

そして水を吸ったボールは重くなるので注意です。

 

≪バンカー(砂場)≫

次はバンカー。砂場とも呼ばれます。

b01

バンカーにはレーキと呼ばれる砂をならす道具が置いてあります。

バンカーに入った時、フットゴルフではどうするか・・・。安心してください、罰はありませんよ!

フットゴルフでは、バンカーショットは「助走なし」というルールになっています。

chipkick

サッカー経験者であれば、チップキックと考えていただければわかりやすいと思います。

ちなみに、ボールリフト(足元からボールをすくい上げるような蹴り方)はNGです

b04

絵心がなくてわかりにくい図になったかもしれません・・・(汗)

思わずやってしまいそうになりますが、ダメですので気をつけましょう。

バンカーショットを蹴ったあとは、レーキで砂をならして出るのがマナーです。

after

足跡だらけにして立ち去らないようにしましょう。

投稿日:

2月 2019
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2019-01-28 2019-01-29 2019-01-30 2019-01-31 2019-02-01 2019-02-02 2019-02-03
2019-02-04 2019-02-05 2019-02-06 2019-02-07 2019-02-08 2019-02-09 2019-02-10
2019-02-11 2019-02-12 2019-02-13 2019-02-14 2019-02-15 2019-02-16 2019-02-17
2019-02-18 2019-02-19 2019-02-20 2019-02-21 2019-02-22 2019-02-23 2019-02-24
2019-02-25 2019-02-26 2019-02-27 2019-02-28 2019-03-01 2019-03-02 2019-03-03

アーカイブ