フットゴルフマガジン

日本初のフットゴルフウェブマガジン

  • WORLD CUP 2018
    WORLD CUP 2018
  • JAPAN INTERNATIONAL OPEN 2018
    JAPAN INTERNATIONAL OPEN 2018
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018
  • WORLD CUP 2018
    WORLD CUP 2018
  • PICA 富士ぐりんぱ
    PICA 富士ぐりんぱ
  • 関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
    関東フットゴルフツアー2018チャンピオンシップ
  • WORLD CUP 2018
    WORLD CUP 2018
  • JAPAN INTERNATIONAL OPEN 2018
    JAPAN INTERNATIONAL OPEN 2018
  • PICA 富士ぐりんぱ
    PICA 富士ぐりんぱ
  • 関東フットゴルフツアー2018第6戦
    関東フットゴルフツアー2018第6戦
  • U.S. OPEN 2018
    U.S. OPEN 2018

第28回フットゴルフジャパンオープン

日時:2017年4月30日(日)
場所:TBC太陽クラブ
参加者:41人
優勝:田中雄太 第二位:鈴木秀成 第三位タイ:八谷紘希、小林隼人

開幕から約2週間で JFGA TOUR 2017 第2戦を迎え、高低差のあった開幕戦群馬カントリークラブから狭く、平坦なコースが特徴の TBC太陽クラブ で開催されました。

TBC太陽クラブは日本最長のホール(10番 305ヤード Par5)を持ち、平坦なホールが多いゴルフ場で、名物の池越えホールがあります。
18ホール(9ホールを2周)のストローク方式で順位が争われ、IN(後半10~18番)のティーの位置が OUT(前半1~9番)よりほとんど後ろになります。

HOLE123456789OUT
PAR54334433534
REGULAR28515912282147127101802461349
LADIES18012973161181017464169924
HOLE101112131415161718INTOTAL
PAR5433443353468
REGULAR3051791328215714710110528516702842
LADIES1801297316118101746416914961848

本大会は全ホールからのショットガンスタート。9時スタートで少し朝露で濡れていましたが、快晴で大会に相応しい天候となりました。TBC太陽クラブでのプレー経験のある選手が多く、各ホールの特徴を知っているため、上位に食い込むためにはいかに普段通りのプレーができるかがカギとなりました。

予想通り、多くの選手がボギーやダブルボギーを複数個出す中、安定したフットゴルフを展開した田中雄太選手が3アンダー(4バーディー1ボギー)で優勝!おめでとうございます。田中選手はジャパンオープン初優勝。
1打差の二位には2アンダー(7バーディー、3ボギー、1ダブルボギー)の鈴木秀成選手。

優勝した田中選手(右)

本大会の順位表
https://fgranks.com/fifg/torneos/the-28th-footgolf-japan-open?l=en

ワールドランキング
https://fgranks.com/fifg/worldtour?l=en

本大会の様子はコチラ

ツアー第3戦(第29回ジャパンオープン)は5月28日(日)。舞台は同じTBC太陽クラブで行われます。


投稿日:

12月 2019
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2019-11-25 2019-11-26 2019-11-27 2019-11-28 2019-11-29 2019-11-30 2019-12-01
2019-12-02 2019-12-03 2019-12-04 2019-12-05 2019-12-06 2019-12-07 2019-12-08
2019-12-09 2019-12-10 2019-12-11 2019-12-12 2019-12-13 2019-12-14 2019-12-15
2019-12-16 2019-12-17 2019-12-18 2019-12-19 2019-12-20 2019-12-21 2019-12-22
2019-12-23 2019-12-24 2019-12-25 2019-12-26 2019-12-27 2019-12-28 2019-12-29
2019-12-30 2019-12-31 2020-01-01 2020-01-02 2020-01-03 2020-01-04 2020-01-05

アーカイブ